買取金額アップ中

古着でもブランド買取はしてもらえるの?

古着によるブランド買取はよく店を選ばなくてはなりません。
それでなくてもブランドの服であっても型落ちやサイズ、流行から少し離れただけで安くなってしまうのです。
ブランド品の中でも洋服は本当に価値が分かるところにもっていかなければ、まとめていくらというような扱いにされてしまいます。

まず古着を売ろうと考えた場合はブランドとブランドではないものを完全に分けるようにしましょう。
そしてブランドの洋服を綺麗に洗濯して乾燥させアイロンもかけた状態で、できればそのブランドの袋に入れてもっていきましょう。
付属品や切れ端、ボタンなどもとってあれば付けておきましょう。

またブランド服にも売る時期というのがあります。
夏に冬物を持ってこられてもすぐに売れませんし、在庫として場所をとってしまいます。
これから売るのにいい時期にもっていくのがいいでしょう。
春物を売る場合は2月〜5月頃、夏物を売る場合は6月〜7月頃、秋物を売る場合は8月〜10月頃、冬物を売る場合は11月〜1月頃が時期的にもよいでしょう。
シーズン前になると買取キャンペーンなどしていることもありますのでそこを狙うようにしましょう。

また間違ってもブランド買取を主にしていないような古着屋にもって言ってはいけません。
ブランド品であろうとも関係なく、まとめて買われて量の一部として処理されてしまいます。
数万だろうと数十万した服であっても、見る目がない人が見たらただの古着扱いです。
重さや布の劣化だけを見られて、価値の扱いがありません。

実際に数万したものが数百円にしかならなかったという例もあります。
勿論ブランド買取にきちんとしてもっていったとしても数年前のものだからと安くなることはあります。
それはその服の今の正当な価値です。
しかしリサイクルショップの古着屋は古いと10円などやただ引き取るだけという布としてしか見てくれないことが多いですので、くれぐれも気を付けてください。

Copyright(C) 2013 賢くブランド品を売るには All Rights Reserved.