買取金額アップ中

ブランド買取の流れ

小さな店舗の店だと店頭買取だけになりますが、大きな店舗には三つの買取の流れがあります。
多いのは勿論、店頭買取で、細かくは店によって違いますが、大きくは身分証と商品があればすぐに査定が行えます
査定された金額がよければ身分証をみせ、番号を控えられたり、コピーを取ったりします。

身分証として有効なのは運転免許証、保険証、パスポート、外国人登録証などです。
現金が渡され、ブランド品が買い取られます。
すぐにお金がその場でもらえます。

宅配買取は店に郵送するというシステムです。
個人的に包む場合や、店舗によるキットなどという場合もあります。
箱の中に商品と身分証のコピーと何を入れたのかなどのメモ、また店舗にもよりますが振込口座を書いたものを入れて店の住所に送ります。

後のやり取りはメールで行い、査定金額が納得できたら「了承」すれば、口座に現金が振り込まれます。
ただし身分証のコピーの種類によっては「法律上、初回に限り現金書留郵便にて買取金額を送付させていただきます」となっていますので、よく打ち合わせを行ってください。
ある意味においては振込口座が無造作に箱で運ばれることの回避が避けられるというのは利点なのかもしれません。

現金を受け取るのに時間はかかりますが、有名な店舗関係の店で売ることで高く買い取ってもらえたり、近所にない場合などは便利なシステムといえます。
出張買取は買い取り手であるバイヤーに自宅に来てもらいます。
少なくないブランド品や高価な品を持って出られないという人が鑑定依頼をお願いします。
連絡によって都合のいい日にバイヤーが尋ねますので、商品と身分証を用意しておいてください。

また高価すぎるものには鑑定証が付いています。
鑑定証によっても値段が変わることがありますので、是非用意しておきましょう。
査定をし、その場で金額を伝えますが、扱いは宅配買取と同じになりますので現金を渡すことはありません。
了承された場合においては後日振込になります。
だいたいこの3つのパターンが主になります。

Copyright(C) 2013 賢くブランド品を売るには All Rights Reserved.