買取金額アップ中

ブランド買取査定初心者ガイド

ブランド品を売ろうとした時に買った値段を考えると少しでも高く売りたいと考えてしまうのは仕方がないといってもいいでしょう、
まずはそのブランド品の状態をよくみて汚れなどは拭き、少しでも綺麗になるようにしましょう。
毎日の手入れを欠かしていなければ全く状態が違います。

次に買ってきた当時の状態にできるだけ近づけましょう。
商品の劣化は仕方がありませんが、入っていた箱や袋、付属品に保証書などというように無駄なものなどまったくありません。
買った当時は売るつもりなんかなかったから残っていないという人も多くいますが、箱に入っているだけでも違いがあるものです。

次にそのブランドが専門というわけではありませんが、よく扱っている店をインターネットなどで検索して探します。
ブランド買取は幅広く扱われているのですが、よく見ると何かに特化している店や何々を高く買い取ります、などという情報が載っています。
また大体ですが使用状態によっても値段が決まってしまっています。

新品未開封(箱から出していない状態に限る)は定価の約70%、 新品同様(開封したけれども使用していない状態)は定価の約50%、1、2回使用したものは定価の約30%、数回使用した中古品は定価の20%以下で状態にもよる、というようになっています。
少しでも綺麗ならば価値は上がりますので、普段からどのように扱ってきたかで変わってきます。
特化した店に見せたり送ったりしても値段が変わらないようならばその値段が正当なねだんということですが、一度持ち込んだ店で即決して売らずに少しでも高く売れる店を探しましょう。

実際にはじめに持ち込んだ店では3万円としてつけられた値段が、あちらこちらの店を回り、最終的に宅配買取で見積もりしてもらった結果、4万5千円で売れたという経験談もあります。
まったく同じ状態のブランド品を見てもらっても店によってはこんなにも差がでます。
ここまでの差は無理でも数千円の差は出やすいのです。
店を回るのは経験にもなるでしょう。

Copyright(C) 2013 賢くブランド品を売るには All Rights Reserved.